[ニュースサマリー]自然災害と新型コロナウイルスに対応した不織布製間仕切り/岩谷産業が細菌・ウイルスや臭いを除去する家庭向け除菌消臭剤/伊藤園が茶殻リサイクル活用の紙製マスクケース開発/コロナ用語が学べるすごろくゲーム

防災用建築・土木資材大手の前田工繊は、自然災害と新型コロナウイルスに対応した抗菌・防ダニの不織布製間仕切り「スプリトップルーム」=写真上=の個人向け販売を9月25日に始める、と発表した。容易に組み立てられ、空間全体を覆う。間口と奥行きは各207cm、高さ187cm。幕とフレームで1万6800円(税別)。「Amazon」で展開する。
↑ニュースリリース

岩谷産業は、反応型二酸化塩素で細菌、カビ類、ウイルス、臭いを除去する除菌消臭剤「おへやに騎士(ナイト)」=写真下=を、全国のドラッグストアや自社グループのオンラインショップなどで9月23日から販売する、と発表した。これまで業務用に展開していた反応型二酸化塩素を使う除菌消臭剤を家庭で手軽に利用できるようにした。
↑ニュースリリース

伊藤園は、独自技術「茶殻リサイクルシステム」による「茶殻紙」を使用した「茶殻入り紙製マスクケース」を開発した、と発表した。カテキンをはじめ緑茶成分由来の抗菌・消臭効果があり、茶の香りも感じられる。封筒大手のイムラ封筒、箸袋や紙ナプキンを手掛ける溝端紙工印刷(和歌山県かつらぎ町)との共同開発となる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

デザイン事業のatimont co.(アティモント・デザイン研究所)=東京都渋谷区=は、新型コロナウイルスに関する用語を学びながらパンデミック(世界的大流行)との付き合い方を知るすごろくゲーム「THE PANDEMIC 33 DAYS」を9月29日に発売する、と発表した。ゲーム面は表が日本語、裏が英語で、各用語の英語表現も分かる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る