[ニュースサマリー]東急・JR・東京メトロの渋谷駅に「制帽装着型アイシールド」配備/コクヨが飛まつの拡散を防ぐ会議テーブル/横山三国志がモチーフのマスクの予約開始/「市原ぞうの国」リニューアルで象の水遊び場プロジェクト

東京・渋谷駅直結の複合ビル「渋谷スクランブルスクエア」内の共創施設「渋谷キューズ(QWS)」は、新しい形状の「制帽装着型アイシールド」=写真上=を開発し、東急、JR、東京メトロの渋谷駅に10月14日に配備した、と発表した。駅係員が着用する。装着負荷を軽減を目指し、長時間の装着を可能にする機能性と審美性を追求したという。
↑ニュースリリース

コクヨは、オフィスでの会議で生じる飛まつや呼気を吸引して拡散を防ぐ会議テーブル「エアトリーブ」=写真下=の受注を12月に始める、と発表した。天板の下に電子式集じんフィルターを内蔵した空気清浄ユニットを搭載する。天板中央の吸引部から風の流れを発生させて吸い込むとともに、空気清浄ユニットで空気をろ過する仕組み。
↑ニュースリリース

バンダイナムコホールディングス傘下で玩具・模型・生活用品などを手掛けるバンダイのライフ事業部は、漫画家、横山光輝さんの作品「三国志」をモチーフにしたマスク「CHARA-MASK(キャラマスク)横山三国志」の予約受け付けを10月14日に始めた、と発表した。大人用の立体マスク。バンダイの公式ショッピングサイトで扱う。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

象をメーンにする動物園「市原ぞうの国」(千葉県市原市)は、初の大規模リニューアルを実施し、2021年春に新たにオープンする、と発表した。象がよりリフレッシュできるようにし、象の魅力が一層伝わるようにする。リニューアル工事中も営業は継続する。ファンからの寄付で象の水遊び場を造るプロジェクトを10月27日に始める。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る