[ニュースセレクト]JR東日本グループが駅のそば店でロボットがそばを調理する実証実験

JR東日本の子会社で先端技術調査・発掘のJR東日本スタートアップは、中央線東小金井駅(東京都小金井市)構内の商業施設「nonowa」のそば店「そばいち東小金井店」で、ロボットが自動でそばを調理する実証実験を3月16日に始める、と発表した。調理ロボット開発のコネクテッドロボティクス(同市)と4月15日まで実施する。

JR東日本の飲食事業子会社で、そばいちを運営する日本レストランエンタプライズ(NRE)が協力する。実証実験では、コネクテッドロボティクスが開発したアームロボットを使用。専用のテボ(麺類をゆでるための深いざる)を持ち上げ、そばのゆで作業、ぬめり取り、冷水で締める作業を自動で行う=写真。1時間あたり40食できる。

国内の外食産業で人手不足が深刻になる中、調理の省力化や自動化の課題の解決を目指す。店舗全体の8割ほど、従業員1人分の作業がロボットで代替できる。実験の結果を踏まえ、NREが展開する“駅そば“店への本格導入を検討する。そばいち東小金井店の営業時間は平日が午前7時~午後10時、土日祝日は午前7時~午後9時。

JR東日本スタートアップ

コネクテッドロボティクス

日本レストランエンタプライズ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る