[ニュースセレクト]東海道・山陽・九州新幹線「特大荷物スペースつき座席」を5月に開始

JR東海、JR西日本、JR九州は、東海道・山陽・九州新幹線の客室内最後部座席後ろのスペースを大きな荷物の置き場所にできる席「特大荷物スペースつき座席」のサービスを5月20日乗車分から導入する、と発表した。4月10日午前10時に予約を始める。縦・横・高さ3辺の合計が160cmを超える計250cm以内の荷物を対象にする。

サービスの愛称を「baggage160(ばげっじ ひゃくろくじゅう)」とし、JR3社のコーポレートカラーで「b」の文字をあしらったロゴマークも定めた=写真上。新幹線車内への荷物持ち込みのルールの周知を図る。3辺が160cmまでの荷物や、160cmを超えてもスポーツ用品、楽器、娯楽用品、車いす、ベビーカーなどは予約が不要となる。

3社は駅の改札口や切符売り場、コンコースなどにポスター=写真下=を掲示して案内する。特大荷物スペースつき座席の予約は、駅や旅行会社の窓口で可能。「エクスプレス予約」「スマートEX」「e5489」「JR九州インターネット列車予約」といった3社の各インターネット予約サービスでも、特大荷物スペースつき座席が選択できる。

JR東海
JR西日本
JR九州

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る