[ニュースセレクト]非接触型の体温測定機能付き監視装置を販売、高体温の人を自動検知

セキュリティーソリューションを手掛けるダイワ通信(金沢市)は、顔認証端末と温度測定モジュールを連携させた非接触型の体温測定機能付き監視装置の販売を始める、と発表した。多数の人が出入りする場所で体温の高い人を自動的に検知できる=写真。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う高体温者特定ニーズを受けて展開する。

この装置は、独自のAI(人工知能)ディープラーニング(深層学習)アルゴリズムで高い精度で高速に人物の顔を認識。人の情報を確認するオフィスビルや工場などに適している。入退室の管理と併せて勤務者の体温が分かり、発熱条件に該当する勤務者を顔認証端末での入室管理の際に認識すると、自動で入り口がロックできる。

体温に加えてマスクの有無を入室の要件に設定することも可能で、体温が正常でもマスクをしていないと入ることができなくなり、オフィスや工場内での感染拡大防止に役立つ。3月下旬から販売し、価格は28万8000円(税別)。新型コロナウイルス対策を行う企業を支援する目的から、500台限定で18万8000円(同)に割り引く。

ダイワ通信

関連記事

[今週の1枚]外堀通りの桜並木=東京都千代田区

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]ロッテが血圧の高い人向けのガム発売、血圧を下げる機能の成分配合

  2. [ニュースセレクト]テレワーク向けカートデスク発売、使用しない時はコンパクトに収納

過去の記事

ページ上部へ戻る