[ニュースセレクト]電球型のネットワークカメラ発売、360度確認可能、500万画素で撮影

総合建設事業のニナイテック(兵庫県たつの市)は、電球型のネットワークカメラ「i Bulb camera(アイバルブカメラ)BTNC-IP5MP」=写真=を11月1日に発売する、と発表した。電球ソケット(E26)に装着して電源を確保する。360度のパノラマレンズを搭載し、広い範囲がチェックできる。500万画素のカメラで対象物を鮮明に記録する。

ネットワークカメラで最高水準の画質という。夜間の撮影用に赤外線機能があり、24時間安定した視聴が可能。電球型で目立たない外観のため、さまざまなシーンで利用できる。動体検知機能も備える。高齢者や子供の見守り、無人の倉庫などの防犯監視、店舗の盗難防止、レジ付近の金銭トラブル対応などの用途を想定する。

スマートフォン、タブレットで専用アプリを利用してWi-Fiに接続することで映像を確認する。カメラ本体に装着するmicroSDカードで最大128GB(約15日間)の映像録画も可能。双方向音声によってスマートフォンとカメラで通話ができる。希望小売価格は4万9800円(税別)。自社のウェブサイトと全国の家電量販店で取り扱う。

ニナイテック

i Bulb camera

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る