[ニュースサマリー]新型コロナウイルスに関する消毒・除菌サービス開始/マスクやスマートフォンなどの「UV殺菌ボックス」発売/見守りできるLED電球販売/「るるぶ情報版」国内・海外の電子版約200点を無料公開

ハウスクリーニングサービス事業のコアーズ(埼玉県川口市)は同サービス「リブロス」で、新型コロナウイルス感染症に関する消毒・除菌を始めた、と発表した。東京都と埼玉、神奈川、千葉、山梨、群馬、栃木、新潟県が対象。防護服を着たスタッフが菌剤の空間室内噴霧、高頻度接触箇所の拭き上げなどを行う=写真上。3万円から。
↑ニュースリリース

スマートフォンアクセサリーを手掛けるアイキューラボ(名古屋市中区)は、マスク、メガネ、ハンドタオル、スマートフォンなどの殺菌・除菌が簡単な操作でできる装置「UV殺菌ボックス」=写真下=の販売を4月2日に始めた、と発表した。3分間で99.9%の細菌が殺菌・除菌できるという。縦横218mm、182mm、厚さ53mm。4378円(税込み)。
↑ニュースリリース

IT関連製品企画・販売のプラススタイル(東京都港区)は、見守りできるLED電球「HelloLight 見守り(期間検知)」の販売を4月3日に始めた、と発表した。LEDのオン・オフを通信で知らせるモジュールを搭載したIoT(モノのインターネット)電球で、見守り・防犯サービスが受けられる。通常の電球と同様に特別な工事は不要。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報提供事業のJTBパブリッシングは、同社が発行する旅行情報誌「るるぶ情報版」電子版の国内・海外計約200点の無料公開を4月3日に始めた、と発表した。4月26日まで。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で旅行が難しくなっている現状を受け、自宅で旅の気分を楽しんでもらう。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る