[ニュースサマリー]テレワーク用「快適集中パーテーション」/梅雨入り遅く梅雨明けは平年並み/「アマビエ」の手ぬぐい・浮世絵札セット/ぬらして使う「ウォーターマスク」

防音対策事業のピアリビング(福岡市博多区)は、テレワークなどで自宅で集中して仕事ができるスペースを作る仕切り「快適集中パーテーション」=写真=の販売を始めた、と発表した。机の上に置いて目や耳からの不要な情報を遮断する。素材は硬質フェルト。高さと奥行きは50cm、幅は80、80、100cmの3種。60cmは1万5000円(税別)。
↑ニュースリリース

気象情報会社のウェザーニューズは、2020年の「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表した。梅雨前線の北上が遅れる影響で九州から関東で平年より遅い梅雨入りとなる、と予想した。梅雨明けは平年並みとなり、多くの地方では平年より短い梅雨になりそうだという。梅雨の総雨量は東北・北陸以外では平年並みか多くなる見通し。
↑ニュースリリース

浮世絵木版画を手掛ける版三(東京都大田区)は、疫病封じに効果があるとされる妖怪「アマビエ」をデザインした「手ぬぐい・江戸木版画浮世絵札」セットの販売を始める、と発表した。江戸時代に疫病が流行した際、アマビエの札を門口に貼って疫病退散を願ったことから、新型コロナウイルスの感染収束に向けて販売する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

寝具や織物の製造・販売を行うオーシン(福井県越前市)は、水でぬらして使う布マスク「ウォーターマスク」を5月15日に発売した、と発表した。水分が蒸発する時に周囲の熱を奪う気化冷却の効果で口元を快適にする。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクをする生活が定着する中、夏に向けた熱中症対策品として展開する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る