[ニュースセレクト]夏を前に心地良さにこだわったマスク「藍染めガーゼ」の販売を開始

マーケティング企画のChanois(シャノワ)=東京都港区=は、夏を控えて内側の心地良さにこだわったマスク「藍染めガーゼ6層仕立て 快適サラサラ立体マスク」5柄と「藍染めガーゼ5層仕立て 快適サラサラプリーツマスク」4柄=写真=の販売を5月20日に始めた、と発表した。新型コロナウイルス対策のマスクが快適に着用できる。

久留米絣(かすり)の産地活性化プロジェクトの一環として老舗、池田絣工房(福岡県筑後市)と共同開発した。マスク不足が深刻化する中、手織りの久留米絣生地で作ったところ地元を中心に依頼があり、使用者から「藍染めマスクは1日中使っても臭いが気にならない」といった声が寄せられたため、広く展開することにした。

6層仕立ては外側と内側に3重ガーゼを使用した立体型。ガーゼ生地を縫製した後、1つずつ藍染め加工を施した。ガーゼ生地は通気性・吸湿性・速乾性に優れ、嫌な臭いがマスクの内側にたまらない。5層仕立てはプリーツ(折りひだ)型で外側に2重、内側に3重ガーゼを使った。どちらも2200円(税込み)。ウェブサイトで販売する。

Chanois

藍染めガーゼ6層仕立て立体マスク
藍染めガーゼ5層仕立てプリーツマスク

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]ガーゼやクロスを簡易マスクにできるストラップ「なんでもマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]ロッテが血圧の高い人向けのガム発売、血圧を下げる機能の成分配合

過去の記事

ページ上部へ戻る