[ニュースセレクト]医療機器メーカーがUV-Cで除菌するマスクケース発売、乾燥も可能

医療機器の輸出入・製造販売を行うMEDIK(東京都中央区)は、殺菌力が高い紫外線のUV-Cでマスクが除菌できるマスクケース「MDK-M02」=写真=を5月28日に発売する、と発表した。自社サイトのほか全国の家電量販店やホームセンターなどで展開する。除菌に加えて乾燥機能もある。マスクだけでなくさまざまな日用品にも使える。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足に対応し、繰り返し使用できるようにする。99.9%の除菌能力があるUV-CのLED深紫外線で除菌するとともに、内蔵するファンで湿り気を緩和する。プリーツ、立体などさまざまな形状のマスクが入れられ、除菌は紙、布・ガーゼ、不織布といった各種素材に有効だという。

除菌、乾燥とも時間は10分。USB充電式となり、1度の充電で除菌だけは約63回、除菌と乾燥の場合は約12回利用できる。充電時間は約3時間。大きさは幅と高さが各130mm、奥行きは36mm。持ち運びも容易。マスクを置くマスクガイドを取り外すことでハンカチ、スマートフォン、カップなどにも使用が可能。7920円(税別)。

MEDIK

製品紹介・販売ページ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る