[ニュースセレクト]日本コカ・コーラの自販機でクレジットカードブランドの利用可能に

日本コカ・コーラは、同社の飲料自動販売機で各種クレジットカードブランドの利用を4月に可能にする、と発表した。全国に約17万台設置している「マルチマネー対応自動販売機」が対象。「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」のタッチ決済(コンタクトレス決済)サービス対応のカードが使えるようになる=写真。

マルチマネー対応自動販売機は、現金だけでなく「楽天Edy」「WAON」「nanaco」などさまざまな電子マネーで飲料が購入できる。電子マネーの読み取りパネルがあり、使用可能な電子マネーのロゴマークが記されている。これまでも約4本に1本はキャッシュレス決済だった。今回決済方法の選択肢を広げて買いやすくする。

マルチマネー対応自動販売機で飲料を選び、決済方法を選択した後、電子マネー読み取りパネルにタッチして購入する仕組み。各クレジットカードブランドのタッチ決済対応のクレジット、デビット、プリペイドカードが使用できる。サインや暗証番号の入力は不要。2020年内に全国でさらに1万台の対応自販機設置を見込む。

日本コカ・コーラ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る