[ニュースセレクト]「無印良品」の店舗で夏素材の布マスクの販売開始、3種類を展開

「無印良品」を展開する良品計画は、夏素材の布マスク=写真=の販売を6月に全国の店舗で始める、と発表した。オーガニックコットン素材で、マスク全体に抗菌・防臭加工を施して飛まつを防止する。「繰り返し使える2枚組マスク」のサッカー織り、ムラ糸天竺(てんじく)編み、鹿の子編みの3種類。洗うことで何度も使える。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクは日常生活の必需品になっていることから良品計画は、表地を抗菌防臭加工した「繰り返し使える2枚組・三層マスク」をインターネットストア限定で5月1日に発売。100万枚を売り上げた。今回新たに、抗菌防臭加工をマスク全体にした夏素材3種を営業再開店舗で販売することにした。

夏素材の3種のマスクには、無印良品のTシャツやパジャマを生産した際に出るオーガニックコットンの残りの布を再利用している。サッカー織りは6月上旬、ムラ糸天竺編みは6月中旬、鹿の子編みは6月下旬に、全国の店舗で取り扱いを開始する。いずれも999円(税込み)。ネットストアでの三層マスクの販売も継続していく。

良品計画

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る