[ニュースセレクト]マスクの内側に取り付けて呼吸を補助する「マスクフレーム」発売

「アート引越センター」を展開するアートグループの物販事業会社、アートプラス(大阪市中央区)は、マスクの内側に取り付けて呼吸を補助するとともに、会話をスムーズにする製品「マスクフレーム」=写真=を発売した、と発表した。同グループの従業員が引っ越し作業の際に使用したところ好評だったため、一般に広く販売する。

マスクフレームはマスクと肌の間に入れる立体的なインナー。呼吸の際にマスクが肌に張り付くことを防ぐ。マスクと口元の間に空間ができ、マスク着用時の息苦しさや話しにくさが緩和され、熱中症のリスクも軽減する。従業員からは、息苦しさが減った、汗ばむことでマスク内が不快になることがない、などの声があった。

女性にとっては口紅移りがなく、メークが守られる。マスクの内側のヒダにマスクフレームのフックを引っかける仕組みとなり、再利用も可能。サイズは幅100mm、高さ85mm、奥行き30mm。素材はポリエチレン。10個セットで1430円(税込み)で送料660円(同)。アートプラスのショッピングサイト「ART shopping」で販売する。

アートプラス

商品説明・販売ページ

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る