[ニュースセレクト]オフィスや店舗用の軽量で組み立て容易な「飛沫感染対策ボード」販売

凸版印刷の子会社で印刷事業の図書印刷は、オフィスや店舗などで利用するための「飛沫感染対策ボード」=写真(使用例)=の販売を始める、と発表した。軽量で組み立てが容易な簡易式テーブルパーティションで、付属する3種類の脚を選択することでデスク、打ち合わせスペース、受け渡しカウンターなどさまざまなシーンで活用できる。

同社が得意にしている店頭POPをはじめとする紙製品の構造設計技術を生かして開発した。POPに使われることが多いスチレンボード(発泡ボード)を本体と脚、PETフィルムを窓の素材に採用して軽量化するとともに、1つの製品がいろいろな場面で利用できる構造設計を施した。本体の大きさは縦90cm、幅59cm、厚さ1.4cm。

これに大(25cm×20cm)、中(20cm×13cm)、小(8cm×12cm)の脚が2個ずつと、本体を複数使う際の補強パーツが2個付属し、用途に応じて活用できる。本体の重さは中の脚だと約370g。出版大手などが導入して好評といい、幅広く展開することにした。5枚セットで2万8200円(税込み)。ネット通販の「Amazonビジネス」で扱う。

図書印刷

商品紹介・販売ページ

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る