[ニュースセレクト]深さが異なる2枚で調理できるホットプレート、独立した火力調整

家電・コンピューター周辺機器開発・販売のサンコー(東京都千代田区)は、深さが異なる2枚のプレートで調理できるホットプレート「W火力調整で2品を同時に調理!『よくばりホットプレート』」=写真上=を8月11日に発売した、と発表した。浅型と深型を備え、それぞれ独立した火力調整によって焼きと煮込み料理が同時に楽しめる=写真下。

プレートはそれぞれ幅123mm、奥行き193mmで、深さは20mmと60mm。プレートごとに電源のオン・オフと、2段階(約200℃の弱火と約230℃の強火)で火力調整できる。スイッチを入れるとすぐに加熱し、素早く調理が可能。プレートはフッ素加工で焦げ付きにくく、汚れが落としやすい。煮込み料理に便利なガラスふたも付属する。

深型のプレートは鍋、浅型は鉄板のように使える。例えば、煮込んで作るマーボ豆腐と焼き餃子、すき焼きと焼肉が一度にできる。1人で2品を作ったり2人でそれぞれ調理したりして楽しめる。本体サイズは幅342mm、高さ143mm、奥行き230mm、重さ約1500g。消費電力は1200W。価格は5980円(税込み)。同社の通販サイトで扱う。

サンコー

よくばりホットプレート

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る