[ニュースセレクト]ポケットチーフの感覚で携帯できる薄型エコバッグの販売を開始

雑貨製品企画・製造・販売のトレードワークス(東京都渋谷区)は、ポケットチーフの感覚で携帯できる薄型エコバッグ「ポケットスクエアバッグ」=写真=の販売を1月24日に始めた、と発表した。独自の15面プリーツ(折り)加工によって一瞬で広げられ、簡単に折り畳める。シャツの胸ポケットに入れても気にならない薄さになる。

コンビニ店舗やスーパーなどの小売店を対象に、7月からレジ袋の有料化が義務付けられることになり、繰り返し使えるエコバッグが注目されていることから展開する。広げた時の大きさは幅255mm、高さ350mm、奥行き140mm。レジ袋と同じ側面マチ設計を採用。弁当やPETボトルを入れても安定する。材質はポリエステル。

折り畳むとポケットやカードケースに入るほどコンパクトになるため、これまでエコバッグを使っていなかった男性も利用しやすいという。レッド、カーキ、ネイビー、ネイビー、ブラックの4色を用意した。希望小売価格は1200円(税別)。「東急ハンズ」「ロフト」の各店舗や全国の量販店、専門店、ECサイトで取り扱う。

トレードワークス

ポケットスクエアバッグ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る