[ニュースサマリー]おくやみシーン向けの色・ワンポイント柄のマスクを発売/施設のコロナ対策向け出入口設置用の除菌液噴霧装置/ナイキが脱ぎ履きが簡単なシューズ「ゴー フライイーズ」

着物・和装品の製造・卸売りを行う近江屋(京都市下京区)は、おくやみのシーン向けのマスク=写真上=を発売する、と発表した。黒とグレーの2色があり、着物の喪服用帯に使われる柄のワンポイント「蓮」と「流水」を展開する。京友禅の技術で1点ずつ手で染め上げ、抗ウイルス・制菌・防臭加工を施した。化粧箱入りで3000円(税別)。
↑ニュースリリース

ノズル式噴霧装置開発のエム・ケイ機器(静岡県沼津市)は、施設の新型コロナ対策向けに出入口設置用の除菌液噴霧装置「REMOVE」=写真下=の販売を始めた、と発表した。装置の前に立ち止まった人に対し、除菌液などを衣服や手荷物に直接吹き付け、室内にウイルス、菌、花粉が持ち込まれないようにする。工事は不要。45万円(税別)。
↑ニュースリリース

ナイキジャパンは、簡単に脱いだり履いたりできるシューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」を発売する、と発表した。手を使うことなく使用可能。開口部を大きく開いた時も閉めた場合も安定した状態を保つ機構でスムースな動作を実現する。ナイキ会員のナイキメンバーに招待制で2月15日に販売を始める。一般展開は2021年後半。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]忍者がモチーフのスカーフ一体型マスク、好みに応じてアレンジ可能

  2. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る