暑さ対策グッズ開発のセフト研究所(東京都板橋区)と同企画・販売の空調服(同)は、飛まつ防止が可能な密閉式フェースシールド「空調フェイスシールド」=写真=を3月上旬に発売する、と発表した。顔に密着し、上部のファンからフィルターを通して吸気して下部のフィルターから排気する構造となる。暑苦しさや曇りが軽減できる。

過酷な環境でも飛まつを抑えながら快適な作業が可能になる。揺れや騒音が少ないプロペラ式のファンを採用。1分あたり22Lの空気を内部に取り込む。フィルターは、医療用マスクに使われる「N95」対応フィルターを不織布で挟んだ3層構造で交換が可能。縦横5・10cm。フェースシールドの部分には透明度が高いPETを使用した。

電源は、充電して繰り返し利用するリチウムイオンバッテリー。充電は汎用(はんよう)の「USB Type-C」。状況によって12V、10V、8Vに調整でき、12Vだと約7時間連続で動作する。簡易な防水構造を備え、液体散布での消毒も可能。空調フェイスシールド、バッテリー、ケーブル、交換用フィルター2枚で1万4850円(税込み)。

セフト研究所

空調服

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]忍者がモチーフのスカーフ一体型マスク、好みに応じてアレンジ可能

  2. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る