[健康=メタボの行き着く先](20)メディア立ち上げ出社で白内障を発症

家庭内はどうにもストレスがたまる環境と化している中、パソコン関連ムックの“バブル”が終了してしまいました。これまで自分の稼ぎの大部分だっただけに死活問題です。

そんな時、とあるメディアの立ち上げに参加することとなりました。出資者からGOが出て、オフィス内に設立のための準備室が用意されたのです。大きな会社の片隅を借りての勤務で、スーツ着用で出社です。

フリーランスになって長かったので、少しばかり窮屈でしたが、当時(2002年)40歳前の自分にとって年収600万円(交通費・諸費込み)、部長職という待遇は、ローンを抱える身にはありがたいものでした。

朝は9時までに出社、帰りはいつも終電です。となると、勢い食事の全てが外食となります。妻が弁当を作ることはありませんでした。なにしろ、睡眠薬を飲んで寝ているので、朝食を用意するのは自分の役目で、子供を保育園に送ってからの出社です。

妻との関係は悪化していたので、1日中外にいられるのもありがたい話でした。

ところが--自分が家にいないことで妻は、精神状態を悪化させて不安定になってしまいます。大事な会議中にケータイに電話をかけてきて「友達が来てるんだけど、不安で飲んだ薬が効いてきて眠くてしょうがないから、帰ってもらうために夫が急に戻ってくることにしたいから、いますぐ来て」とか「落ち着かないからたくさん薬を飲んだ。帰って来てくれないと子供をどうにかしてしまうかもしれない」などなど……。

幸い、準備室に誘ってくれた知人は家庭事情を知っていたので、急な帰宅に関してフォローしてもらえたのですが、普通ならまともな勤務は無理だったでしょう。

●子供を人質にする言動に怒り●

特に頭に来たのは、子供を人質に取るような言動をしたことで、それも絶対に許せないこととして自分の頭に刻まれました。子供を溺愛しているくせに、そんなことを平気で言えるということは、子供すらも自分のための存在であるということだ、と。

さて、そんなこともあり、会社勤務で自分の食欲はタガが外れてしまいました。昼・夜も外食なのに加えて、外回りや会議、おやつ、と食べまくりました。準備室が大企業の社内から近くに借りたビルの一室に移ると、その1階はコンビニ。当然、1日に何度となく愛用することになります。

会社だと血糖値計測とインスリン注射もしないことが多くなり、体重も短期間に数キロは太ってしまいました。

そんなある日、視野にいつも緑色の斑点が見えるようになります。目をつぶったときに緑の色が見えることはありましたが、目を開けると、たいてい消えます。しかし、それが目を開けても消えないのです。

会社近くの小さな眼科に駆け込むと、「うちでは対応しきれない症例なので、大学病院に紹介状を書きます。どちらか通っているところはありますか」と言われてしまいました。

実は、糖尿病による合併症では「糖尿病網膜症」で失明する場合が少なくありません。高血糖が眼底の毛細血管にも悪影響を与えるのです。最悪、突然失明する場合もあります。

紹介状を持って大学病院に行くと、まず瞳孔を開く目薬を点滴され、効いて来た頃合いを見計らって眼底検査です。これがとてもまぶしいのですが、医師によってしっかりまぶたを開かれているので、逃げようがありません。

●検査の結果は糖尿病性白内障●

検査の結果は「眼底出血が見られますね。糖尿病性の白内障です」というものでした。

「それは、治るんでしょうか」と尋ねると「とりあえず目薬を2本処方しますが、血糖値をきちんとコントロールしないとさらに悪化します。その場合は手術になります。現状では、月に1度の院で様子を見てみましょう」とのことでした。

どう考えても過剰な外食が原因です。目の手術など、怖くて考えるだけでゾッとします。それだけはどうにかして回避したい……。

その日から、大学病院への月イチ通院がはじまりました。唯一の楽しみは、眼科にいる女性看護師さんが美人ぞろいだったことです。とはいえ担当医は男性だったのですが、受付、事前検査は眼福でした。

そして、白内障については妻に内緒にすることにしました。(U)=雑誌・ウェブ編集者、50歳代後半

←(19)妻との関係と住宅ローンがストレスに

→(21)糖尿病と嫌悪感からとうとうEDに

[健康=メタボの行き着く先]記事一覧

★[分野別]糖質カット(糖質オフ・糖質制限)記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る