[ニュースセレクト]リュック型の体温上昇抑制装置で大学と共同研究開始、効果を実証

仕事服や空調服を展開するワーカーは、同社が開発・販売している背中に背負うリュック型の体温上昇抑制装置「スポーツファンリュックSUMMER RUNNER」に関する共同研究を中京大学スポーツ科学部と始めた、と発表した。運動時の暑さ対策を目的に性能を評価を実施し、体温や心拍数の上昇を抑える効果を実証した=写真。

スポーツファンリュックSUMMER RUNNERは、熱中症対策商品として開発した。約648gの本体にファンを搭載し、熱がたまりやすい背中、首、頭を集中的に冷却して効率的に涼しくする。リュック型で体にフィットし、運動時のぶれも少ない。小型ファンを取り付けて体の表面に大量の風を流す衣類と違い、服が膨らまない。

性能評価実験は室温35℃、湿度50%の暑熱環境の人工気象室でスポーツファンリュックありとなしで歩行。10分の座位安静後に時速5.5km、登り傾斜2%で60分歩行し、20分間の座位安静を行った。リュックなしはありより直腸温の上昇が31%抑えられ、心拍数は28%低く、感覚も「暑い」が「やや暖かい」に改善された。

ワーカー

スポーツファンリュックSUMMER RUNNER

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る