[ニュースセレクト]「ポスト・イット」でこれまで使えなかった環境に対応する新製品

化学・電気関連事業のスリーエム(3M)ジャパンは、同社が展開する付箋「ポスト・イット」で、これまで使えなかった場所や環境にも対応する新製品「ポスト・イットエクストリームノート」=写真上=を8月21日に発売する、と発表した。屋外や水回りでも使用でき、風雨に耐え、凹凸面にも貼れる。ポスト・イットの用途を大幅に広げる。

耐水性に優れるうえ、屋外の直射日光や温度・湿度変化にも影響しない耐候性を実現。これまでポスト・イットの使用が難しかった調理場などの水場や、温度変化が激しい冷蔵、冷凍、加温などの場所でも使えるようにした。野外作業時のメモなどにも利用できる。コンクリート面や木材などの凹凸面への貼り付けも可能になっている。

食品製造現場で使用される資材・備品の民間認証制度「HACCP International」の認証を受けている。HACCPの考え方に基づいて衛生管理を行っている飲食店や工場でも安心して使える。加えて、防災意識の向上を目的に通常時と非常時の両方で役に立つ製品・サービスを審査する民間の認証「フェーズフリー」に沿った設計を施した。

オレンジ、グリーン、イエロー、ミントの4色があり、シーンに応じて使い分けられる。大きさは縦横各76mmとなり、希望小売価格(税別)は45枚3パッドで900円、同12パッドは3350円。文具用とMRO(資材)向けを用意した。利用例として、家庭での作り置きの管理やプランター、災害時のメモ、飲食店のシンクや冷凍庫などを挙げている。

スリーエムジャパン

関連記事

[今週の1枚]御徒町から望む東京スカイツリー

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]糖質77.9%カットの代替米「TRICE」で新製品、外食産業に売り込み

  2. [ニュースセレクト]糖質制限ECサイトが「大豆米」の山かけ丼や冷麺など夏のメニュー発売

過去の記事

ページ上部へ戻る