[ニュースセレクト]家電を生活環境で試してから購入できる仕組み「レンタル後購入」開始

家電・カメラのレンタルサービス「Rentio」を展開するレンティオは、家電などを実際の生活環境で試して納得してから、その商品が購入できる仕組み「レンタル後購入」を9月1日に始める、と発表した。購入しても使わなくなるケースを減らす。同社が取り扱う1000種類以上の商品を対象にする。家電では国内で初という。

レンタル後購入はカメラ、キッチン家電、掃除家電などをレンタルで使用し、返却前に購入手続きをして追加料金を支払うと、そのまま利用できるようになる=写真。生活環境で使ったうえで納得してから購入可能なことが特長。不要な場合はレンタル期間後に返却できる。中古品だが、出荷前に点検とクリーニングを行う。

ECサイトの普及でTVやランキングに登場する目立つ製品が売れるようになる一方、本当に必要なのか分からないまま購入し、実は不要だったということもあり、Rentioの顧客には購入前の試用でレンタルする層も多い。そうした人たちから、レンタル商品を購入したいという声が寄せられているため、レンタル後購入を始める。

レンティオ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る