[ニュースセレクト]アマゾンとライフが生鮮食品や総菜の販売・配送開始、まず都内一部

アマゾンジャパンと食品スーパー大手のライフコーポレーションは、ライフの実店舗で扱っている生鮮食品や総菜のアマゾン会員への販売・配送を9月12日に始めた、と発表した。有料会員「Amazonプライム会員」に商品を最短2時間で届けるサービス「Prime Now(プライムナウ)」で展開。まず東京都内の一部をエリアにする。

野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ手作りの惣菜、店内で焼き上げたパンや、プライベートブランド商品など、計数千点の商品が対象。ライフ店内の専門スタッフが品質をチェックして商品を選ぶ。商品はPrime Nowの配送ネットワークで配達する。開始当初の配送エリアは新宿、板橋、練馬、北、中野、豊島、杉並の各区となる。

配送時間は正午から午後10時までで2時間単位で指定できる。最低注文金額は2000円。配送料は1万円以上の注文で無料になり、6000円以上1万円未満は220円、6000円未満は440円かかる。Amazonプライム会員は年会費4900円か月会費500円。価格は全て税込み。利用するには、Prime Now専用アプリをインストールする必要がある。

アマゾンジャパン

ライフコーポレーション

Prime Now

関連記事

[今週の1枚]秋祭り=東京都文京区

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]はごろもフーズが低糖質パスタのリニューアル品発売、一層おいしく

  2. [ニュースセレクト]糖質を抑えた炊飯が可能な万能調理器発売、4種の調理モード搭載

過去の記事

ページ上部へ戻る