[ニュースセレクト]ドミノ・ピザがウイルス感染拡大で配達商品を手渡ししないサービス

宅配ピザ大手のドミノ・ピザ ジャパンは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、予防対策の一環として、配達員(ドライバー)が注文客にピザなどの商品を届ける際、直接手渡ししない「あんしん受取サービス」を3月6日に始めた、と発表した。ウェブサイトからの注文を対象にした希望者向けのオプションサービスとなる。

ウェブの注文フォームの備考欄に「手渡しを希望しません」と記入するとサービスが受けられる。配達員が配達先に到着後、玄関先など指定場所に空の箱を置き、その上に注文商品を載せ、直接地面に置くことを回避。その後配達員はインターフォンなどで到着を知らせ、2m以上離れた場所で受け取りを確認し、空箱を回収する=図。

あんしん受取サービスはドミノ・ピザの国内全店舗で実施する。配達員は商品の配達直前と直後に手指を消毒して感染リスクを低減。ドミノ・ピザは店舗での接客前後、配達の出発・帰店時の手指消毒を強化しているほか、来店客用の手指消毒液の設置や、店舗内のカスタマーエリアとトイレの2時間ごとの消毒も行っている。

ドミノ・ピザ

あんしん受取サービス

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る