[ニュースサマリー]レギュラーコーヒーができて保温可能なボトル/日本ケンタッキーがコーヒーをリニューアル/シャープが新型電子ノート/「日東紅茶」ののどあめ/吉野家が「麻辣牛鍋膳」/送風機能を搭載するヘアアイロン

家電販売のmhエンタープライズ(東京都台東区)は、家電ブランド「Vitantonio(ビタントニオ)」でレギュラーコーヒーができ、そのまま飲めて保温可能な真空二重ステンレスボトル「COTTLE(コトル)」=写真=を10月下旬から順次発売する、と発表した。フィルターでコーヒー粉とコーヒーを分ける仕組み。容量420mL、3980円(税別)。
↑ニュースリリース

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、「挽きたてリッチコーヒー」を約3年ぶりにリニューアルした、と発表した。香りや味わいにボリュームを持たせると同時に、冷めても風味のバランスが崩れにくくした。「挽きたてアメリカンコーヒー」「挽きたてリッチカフェラテ(ホット・アイス)」も改良した。価格は据え置き。
↑ニュースリリース

シャープは、新たに6型電子ペーパーディスプレーを採用するとともに「To Do」機能を搭載した電子ノート「WG-PN1」11月14日に発売する、と発表した。約210gと軽く、紙のように手早く書ける快適さと、最大7000ページ分の手書きデータが保存できる便利さを備える。電子ペーパーは文字が読みやすく、幅広い用途に使える。
↑ニュースリリース

健康サポート・スキンケア商品事業のアポプラスヘルスケア(東京都中央区)は、のどあめ「日東紅茶 紅茶ポリフェノールのど飴」を三井農林と開発し、10月21日に医療機関取り扱いとして保険薬局で発売する、と発表した。紅茶ポリフェノールとフッ素の力によって、なめることで口内環境をサポート。56g入り500円(税別)。
↑ニュースリリース

吉野家は、秋冬の定番商品になっている「牛すき鍋膳」と、今シーズン限定の新商品「麻辣牛鍋膳」の販売を10月15日に始めた、と発表した。牛すき鍋膳は、牛肉のうま味と風味が濃厚に凝縮した鍋に進化させた。麻辣牛鍋膳は、四川料理の料理人で“中華の鉄人”として知られる陳建一さんが監修した麻辣タレを使用している。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

美容機器製造・輸入のクレイツ(福岡市南区)は、送風機能を搭載するヘアアイロン「クレイツイオン エアスリークカールアイロン CIAI-BC02W」を10月18日に発売する、と発表した。スタイリングしながら風で冷ますことで髪へのダメージを軽減するとともに、ヘアスタイルを長時間キープする。家電量販店などで販売する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る