[ニュースセレクト]東急がデータ通信対応のLED蛍光灯一体型防犯カメラを全車両に導入

東急電鉄は、4Gのデータ通信に対応したLED蛍光灯一体型の防犯カメラ=写真=を全ての車両に導入する、と発表した。鉄道業界で初めてという。このカメラは「IoTube(アイ・オー・チューブ)」と呼び、2020年7月までに入れる。同月時点の所属予定車両は183編成1257両。映像データを送信することで遠隔で確認できるようになる。

車両内のセキュリティー向上とトラブル発生時の対応の迅速化を目的にし、1車両4台を基本に設置する。これまで車内に設けた防犯カメラの記録映像の確認は、カメラから記録媒体を抜き取って事務所に持ち帰り、パソコンで行う必要があった。IoTubeを利用すると、撮影した映像が遠隔地でもほぼリアルタイムで見られる。

5、6月に大井町線、9月に田園都市線のそれぞれ一部車両に試験的に入れたところ、IoTube本体の強度、映像の撮影角度、データ通信の電波強度などが確認がきたことから、正式決定した。導入は2020年3月に始める。プライバシー保護の面では、防犯カメラ設置車両であることを乗客に周知するステッカーを車内に掲出する。

東急電鉄

関連記事

[今週の1枚]「奥多摩もみじ大爆発!」=東京・奥多摩町

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]アイロン不要でシャツのしわを伸ばす乾燥機の新型、ズボンにも対応

  2. [ニュースセレクト]一緒に眠る周囲を起こすことなく自分だけが起床できる目覚まし時計

  3. [ニュースセレクト]衣類用洗剤「アリエール」でダニよけ成分初配合の「ダニよけプラス」

  4. [ニュースセレクト]飼い主の動きに反応する犬型ロボット「おいでよ ボンゴ!」発売

過去の記事

ページ上部へ戻る