[ニュースサマリー]健康オフィス”をつくる小型フレーム/大阪市内の「東横INN」5000室突破でキャンペーン/2020年正月におせちを食べるのは6割/海洋プラスチックごみがボトル原料の台所洗剤/東急全車両にデータ通信対応LED蛍光灯一体型防犯カメラ

イトーキは、執務スペースを“健康オフィス”にアレンジできる小型フレーム「piohome(ピオホーム)」=写真=を2020年2月初旬に発売する、と発表した。約1畳のスペースに設置できる。人が自然に集まることでコミュニケーションの質を高め、デスクワークからの切り替えを促して健康や仕事のパフォーマンスに好影響を与える。
↑ニュースリリース

ホテルチェーンを展開する東横イン(東京都大田区)は、運営するホテル「東横INN」の大阪市内の客室数が10月19日に5000室を超えた、と発表した。これを記念し、同市内の25ヵ所の東横INNにシングル1泊5000円(税込み)、ダブル・ツイン同6000円(同)で宿泊できるキャンペーンを行う。12月1日~2020年3月31日宿泊分が対象。
↑ニュースリリース

楽天は、ネットシッピングモール「楽天市場」で実施した「おせちに関する意識調査」(9月17・18日、1000人)の結果を発表した。61.2%が2020年の正月に「おせちを食べる予定」と回答。そのうち64.7%が「おせちを購入予定」と答えた。好きな具材は「肉料理類」「海老」「栗きんとん」、残しがちトップは「紅白なます」。
↑ニュースリリース

家庭・パーソナルケア用品を手掛けるP&Gジャパン(神戸市中央区)は、国内の海岸で回収されたプラスチックごみをボトルの原料に再利用した台所用洗剤「JOY Ocean Plastic(ジョイオーシャンプラスチック)」を11月上旬に発売する、と発売した。中身は販売中の「ジョイコンパクト モルディブウォーターの香り」と同じ。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

東急電鉄は、4Gのデータ通信に対応したLED蛍光灯一体型の防犯カメラを全ての車両に導入する、と発表した。鉄道業界で初めてという。このカメラは「IoTube(アイ・オー・チューブ)」と呼び、2020年7月までに入れる。同月時点の所属予定車両は183編成1257両。映像データを送信することで遠隔で確認できるようになる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

[今週の1枚]「奥多摩もみじ大爆発!」=東京・奥多摩町

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]アイロン不要でシャツのしわを伸ばす乾燥機の新型、ズボンにも対応

  2. [ニュースセレクト]一緒に眠る周囲を起こすことなく自分だけが起床できる目覚まし時計

  3. [ニュースセレクト]衣類用洗剤「アリエール」でダニよけ成分初配合の「ダニよけプラス」

  4. [ニュースセレクト]飼い主の動きに反応する犬型ロボット「おいでよ ボンゴ!」発売

過去の記事

ページ上部へ戻る