[ニュースセレクト]明智光秀にヒントを得た和菓子「下剋上鮎」発売、鮎が鵜を飲み込む

明治41(1908)年創業の老舗和菓子店「玉井屋本舗」(岐阜市)は、2020年放送予定のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀にヒントを得た和菓子「下剋上鮎(アユ)」=写真=を12月13日に発売する、と発表した。同店は鵜(う)飼いが行われる長良川の近くにあり、いつも鵜に捕られるアユが、逆に鵜を飲むデザインにした。

明智光秀は主君の織田信長を「本能寺の変」(1582年)で自害させた戦国武将。アユが、同じ岐阜県出身の光秀に触発されて下克上を図るストーリーのユーモラスな和菓子で、キャッチコピーは「鵜飼の鮎が、謀反を起こす。」。同店の看板商品になっている鵜飼いのアユをモチーフにした和菓子「登り鮎」をベースに開発した。

同店は、スポーツなどの大きな番狂わせの応援、難関校の受験や就職活動の逆転合格祈、ビジネスでのゲンかつぎ、ジョークなどに役立ててもらいたい、としている。黒糖味と抹茶味を用意した。大きいサイズ1個入りが500円(税別)、小型4個入りは1000円(同)。同店、JR岐阜駅構内などの店舗とオンラインショップで扱う。

玉井屋本舗

オンラインショップ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る