[ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

調理家電や照明などを手掛けるツインバード工業は、糖質が抑えられるブランパンを作る機器の新製品「Take bran! ブランパンメーカー BM-EF36W」=写真=を1月下旬に発売する、と発表した。健康維持やダイエットのための糖質制限(糖質カット・糖質オフ)が継続できるように、ブランパンをおいしくする専用モードを搭載した。

ブランパンは小麦の外皮、ふすま(ブラン)を主原料にするパンで、一般の食パンと比較して糖質が大幅にカットできる。主食をブランパンにすると容易に糖質制限が可能な半面、独特の味やパサついた食感から食べ続けるのが難しいという声もあった。ツインバードは今回、糖質制限の継続をテーマにプログラムを新開発した。

ブランパンの生地は硬くてこねにくく、膨らみづらい特性がある。こうした特性に合わせて粉と水の分量、こね、発酵の時間、温度などを研究してブランパン専用モードのプログラムにすることで、ふわりとして柔らかく滑らかな食感のブランパンを焼けるようにした。従来の自社機種と比べてよりふんわりするようになった。

ブランパンは専用の粉「ブランパンミックス」を利用する。糖質は一般のパンが100gあたり44.3gなのに対し、この粉を使ったブランパンは同5.6gに抑えられる。本体の大きさは幅240mm、奥行き350mm、高さ280mm、重さは約4.2kg。ブランパンは1斤、食パンは1斤か1.5斤できる。価格はオープンだが1万5000円(税別)前後になる。

ツインバード工業

Take bran!ブランパンメーカー BM-EF36W

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る