[ニュースセレクト]「ユニクロ」「ジーユー」国内全店舗でショッピングバッグを有料化

衣料品チェーン「ユニクロ」「ジーユー」を傘下に持つファーストリテイリングは、ユニクロ、ジーユーの国内の全店舗でショッピングバッグを4月1日に有料化する、と発表した。プラスチックごみによる環境汚染への懸念の高まりに対応する施策の一環となる。オリジナルのエコバッグを販売して持参を呼び掛けていく。

ファーストリテイリングは、顧客の手に渡る使い捨てプラスチックを2020年中に2018年実績から85%(約7800t)削減する目標を2019年7月に設定。同年9月からプラスチック製ショッピングバッグを順次、森林認証紙か再生紙を使った紙製に切り替えてきた。今回、国内全店舗での紙製導入に合わせて有料化することにした。

ユニクロ、ジーユーとも各サイズの紙製ショッピングバッグ=写真上=を用意するが、価格は一律1枚10円(税別)。ユニクロのオリジナルエコバッグ=写真下=は各サイズ190円(同)となる。ファーストリテイリングはショッピングバッグだけでなく、商品パッケージでもプラスチック製の撤廃と森林認証紙などへの切り替えを推進していく計画。

ファーストリテイリング

ユニクロ

ジーユー

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る