[ニュースセレクト]三井住友カードが家庭のキャッシュレス支援「かぞくのおさいふ」開始

三井住友カードは、家庭のキャッシュレスライフを支援する新しい決済サービス「かぞくのおさいふ」を3月16日に始めた、と発表した。家庭内のおカネの流れをキャッシュレスにすることで、家計や子供の小遣いの管理が容易になる。家計が共有できる「共通のおさいふ」と、家族それぞれの「個別のおさいふ」で構成する。

三井住友カードが推進する新たなキャッシュレス決済エクスペリエンス(体験)提供の一環。共通のおさいふは家庭内の共同の家計管理者用に2枚、個別のおさいふは家計管理者以外の家族用に複数(最大9枚)のプリペイドカードを発行する。プリペイドカードは「VISA」やモバイル決済「iD」に対応した店舗で買い物ができる。

共通のおさいふのカードを利用すると共同家計管理者に利用通知が送られ、明細や残高が一目で分かる。個別のおさいふは小遣いや仕送りとして入金した残高の範囲内で使え、カードを使用した本人と家計管理者に通知が届き、残高も確認できる。家族間で残高の移動も可能。かぞくのおさいふは発行手数料、年会費とも無料。

三井住友カード

かぞくのおさいふ

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る