[ニュースセレクト]ライフがアマゾンでの生鮮食品・総菜の販売・配送の対象エリア拡大

食品スーパー大手のライフコーポレーションは、ライフの実店舗で扱っている生鮮食品や総菜をアマゾンジャパンの有料会員「Amazonプライム会員」に届けるサービス「Prime Now(プライムナウ)」の配送エリアを拡大する、と発表した。これまでは東京7区だけが対象だったが順次広げ、夏ごろまでには東京20区と4市にする。

このサービスは2019年9月に始めた。好評だったことから今回、エリアを拡大することにした。まず4月11日に5区を追加して12区にし、その後8区4市を加える。果物、精肉、鮮魚、店舗で調理した惣菜や店内で焼き上げたパン、プライベートブランド商品など数千点がPrime Nowの専用アプリを通じてオンラインで注文できる。

配送時間は正午~午後10時で、当日か翌日の2時間単位で指定可能。最低注文額は2000円。1万円以上で配送料が無料になる。6000円以上1万円未満は220円、6000円未満は440円。プライム会員は年会費4900円か月会費500円(全て税込み)。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が求められる中、ニーズの増加が見込まれる。

ライフコーポレーション

アマゾンジャパン

Prime Now

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る