[ニュースセレクト]ミドリ安全が抗菌・抗ウイルス作用がある素材の接触感染予防手袋

安全衛生用品大手のミドリ安全(東京都渋谷区)は、抗菌・抗ウイルス作用がある「DEW」と呼ぶ素材を使った接触感染予防手袋「MS132」=写真=の販売を6月1日に始めた、と発表した。同社のウェブサイトで扱っている。DEWを国内で初めて手袋に応用し、国内工場で生産する。小売店や接客業をはじめ、接触感染が気になる一般に展開する。

DEWは、抗菌・抗ウイルス作用をもつ銅を天然繊維の綿と強固に化学結合させた銅イオン素材の機能繊維で、繊維メーカーの日本蚕毛染色(京都市伏見区)が開発した。銅イオンはタンパク質を分解して破壊する抗ウイルスと、細胞壁を破壊して除菌する作用がある。MS132は通常の手袋と同じように使え、洗って繰り返し使用できる。

小売店の食品売り場などで新型コロナウイルスの接触感染予防策として使い捨てのゴム手袋が使われているが、長時間の作業でのムレや肌荒れ、アレルギー、臭いなどの問題がある。接触感染予防になる通気性の優れた手袋を求める声が寄せられていたため、商品化した。M(460円)、L(490円)=いずれも税別=の2サイズを用意した。

ミドリ安全

MS132説明・購入

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る