[ニュースセレクト]コクヨがノートの新しい使い心地を提案する「白と黒で書くノート」

コクヨは、ノートの新しい使い心地を提案する商品「白と黒で書くノート」=写真=を6月25日に発売する、と発表した。灰色の紙に黒と白の文字を書く仕組みで、視界が持つ境界を利用する。同社のオンラインショップ「コクヨショーケース」と、同社が東京・千駄ヶ谷で展開するショップ&カフェ「THINK OF THINGS」で販売する。

白と黒で書くノートは、紙の色に対して暗い色の文字と明るい色の文字が同時に読みにくいという視覚の性質を活用。黒と白の文字を使い分けることで視認性に優れる鮮明なノートになる。大切な部分を際立たせたり、周辺情報を十分に記したりできるほか、光と影が直感的に表現可能になるため立体物の描画にも適している。

パソコン画面を意識した見開き時16:10の特殊サイズで、パソコンと併用してアイデアをまとめられるようフラットに開ける製本法を採用した。サイズは縦210mm、横168mm。5mm方眼けい50枚。900円(税別)。商品デザインをユーザーから募るコンペティション「コクヨデザインアワード」の2018年優秀賞受賞作品を商品化した。

コクヨ

コクヨショーケース

THINK OF THINGS

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る