[ニュースサマリー]YKK APが非接触ドアオープナー開発/東京メトロがロボットの駅構内消毒実験/「ライフ」がはっ水性に優れるオリジナル傘/コクヨが新しい使い心地提案の「白と黒で書くノート」/「洋服の青山」で保冷剤を使う猛暑対策マスク発売

YKK子会社で建材を手掛けるYKK APは、手で直接触れることなくドアや引き戸などの開閉を可能にする非接触ドアオープナー「レスタッチ」=写真上=を開発・製作した、と発表した。ハンドルを引く、ボタンを押す、ツマミを回すといった3つの操作が可能で、新型コロナウイルスの接触感染を予防する。ノベルティー品として提供する。
↑ニュースリリース

東京メトロは、警備・消毒ロボットを活用した駅構内の消毒の実証実験を有楽町線月島駅で6月12日の終電後に実施した=写真下、と発表した。同社は新型コロナウイルスの感染予防で社員や清掃員が駅構内の設備を消毒しているが、効果的・効率的な消毒に向けてロボットの活用を考え、有用性を調べた。今後、課題の検討を進める。
↑ニュースリリース

近畿圏と首都圏でスーパーチェーン「ライフ」を展開するライフコーポレーションは、オリジナル雨傘「水をコロコロはじく 東レ キューダスの雨傘」=写真下=を発売した、と発表した。軽く振るだけで雨水が落ちる高いはっ水力が特長。東レが開発したはっ水度最上位素材「キューダス」を使った。長傘、折り畳みの各種を用意した。
↑ニュースリリース

コクヨは、ノートの新しい使い心地を提案する商品「白と黒で書くノート」を6月25日に発売する、と発表した。灰色の紙に黒と白の文字を書く仕組みで、視覚が持つ境界を利用する。同社のオンラインショップ「コクヨショーケース」と、同社が東京・千駄ヶ谷で展開するショップ&カフェ「THINK OF THINGS」で販売する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

紳士服販売チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は、猛暑対策マスクを発売する、と発表した。7月11日から全国の洋服の青山店舗とオンラインストアで扱う。現在オンラインで販売中の「抗ウイルス加工マスク」を改良した「冷涼タイプ」。保冷剤を入れるポケットを設け、2点の保冷剤とセットにした。1枚790円(税別)。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る