[ニュースサマリー]2019年の鍋トレンドは「+チーズ」/グリコが「カフェオーレ」に健康機能/森永が「ダース」に森林認証紙使用/小麦不使用のサンドメニュー/スターバックがリサイクルノート

ミツカンは、2019年の鍋トレンドの予測を発表した。トレンドのキーワードに「+(プラス)チーズ」を挙げた。2018年にチーズの消費量が過去最高を更新したほか、チーズを使用したメニューが話題になっていることから、鍋の素材として注目されると判断した。チーズを加えて楽しむ鍋をスープ商品やメニューで提案する=写真。
↑ニュースリリース

江崎グリコは、ロングセラー飲料「カフェオーレ」に健康機能を加えた新シリーズを9月2日に発売する、と発表した。「カフェオーレゆるリセット180ml」「カフェオーレゆるリリース180ml」「マイルドカフェオーレゆるリセット500ml」。ゆるリセットには、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を抑える成分を使用している。
↑ニュースリリース

森永製菓は、チョコレートシリーズ「ダース」のパッケージに「FSC」認証紙を使用する、と発表した。10月出荷予定の新規格品で始める。他の主力品についても来春から順次切り替え、利用範囲拡大を推進する。環境への取り組みの一環。FSCは、管理された森林と供給源からの原材料で作る製品を認める国際森林認証制度。
↑ニュースリリース

飲食店経営・食事カウンセリングを行う最強のは、同社が展開するグルテンフリーと低糖質をコンセプトにしたバターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」池袋店(東京都豊島区東池袋)で、小麦を使用しないサンドメニューを8月27日に期間・数量限定で始める、と発表した。通常のベーグルと比べて糖質を81.3%抑えた。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

スターバックスコーヒージャパンは、「スターバックス」店舗で回収したミルクパックをノートの表紙にリサイクルした「スターバックスキャンパスリングノート」をコクヨと開発し、8月30日に店舗やオンラインストアで発売する、と発表した。コクヨのノートブランド「Campus(キャンパス)」とのコラボレーションとなる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る