[ニュースサマリー]小田急電鉄が「チャットでのお問い合わせサービス」開始/イオングループが接触冷感・UV遮へいの夏用マスク販売/電器部品大手がクリーンルームで生産する不織布マスク発売

小田急電鉄は、「チャットでのお問い合わせサービス」=写真上(画面イメージ)=を7月1日に始める、と発表した。忘れ物の保管状況、特急「ロマンスカー」の空席状況・発着時刻などについて、ウェブサイトやスマートフォンの「小田急アプリ」から会話に近い感覚で連絡でき、係員が答える。今後AI(人工知能)による自動応答システムの導入を目指す。
↑ニュースリリース

イオングループでファッションリフォームサービスを手掛けるリフォームスタジオは、夏用のマスク「洗って使えるフィットマスク(吸放湿・接触冷感・UV遮へい生地使用)」=写真下=の販売を6月26日に自社のオンラインショップで始めた、と発表した。薄手で伸縮性がある特殊素材を使用している。3サイズを展開。1枚398円(税込み)。
↑ニュースリリース

電器部品大手のミネベアミツミは、国内の自社工場で生産している不織布マスクの一般販売を6月26日に始めた、と発表した。スマートフォン、パソコン、医療機器向け部品の製造ノウハウを集め、浜松工場(静岡県袋井市)クリーンルームで生産。PM2.5(微小粒子状物質)や花粉を99%カットする高性能フィルターを採用した。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る