[ニュースセレクト]「フェイスガード」で「フルフェイス」「マスク装着」の2タイプ

印刷事業のウイル・コーポレーションは、同社が運営する販促ツール・ネット印刷サービス「プリントモール」で、新型コロナウイルス対策グッズ「飛沫(まつ)感染防止フェイスガード」の販売を7月1日に始めた、と発表した。顔全体をガードする「フルフェイスタイプ」と、マスクと併用する「マスク装着タイプ」=写真左から=を展開する。

プリントモールのオリジナルの日本製フェースガードで、装着時や長時間の着用に伴う痛みを軽減するため、デザインと軽量化に工夫を重ねたという。顔の表情が自然に見られるようにするとともに、内側からの視認性を高めるよう設計した。フルフェイスタイプは、ベルトとガード部分が分かれているため、サイズ調節が容易。

マスク装着タイプは、マスクとの併用で顔全体をカバーし、介護、マッサージなどの業種に適している。髪が乱れないことも特長。スリット部分にマスクのひもを通すことで装着できる。フルフェイスタイプ、マスク装着タイプとも50枚1セットで販売する。フルフェイスは1セット7370円(税込み)、マスク装着は同4070円(同)。

ウイル・コーポレーション

プリントモール

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る