[ニュースサマリー]リカーマウンテンが「接触確認アプリ」で割り引き/DNPが正しい手洗いをAIが判定するシステム開発/はるやま商事がドライな着け心地の布マスク/「コロンビア」が汗を利用する冷却技術のネックガード

酒などの小売りチェーンを展開するリカーマウンテン(京都市下京区)は、厚生労働省が提供する「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の「陽性者との非接触」画面をレジで表示すると、店内で販売している食品やドリンクを5%割り引く=写真上、と発表した。期間は7月22日~8月31日。対象は店頭のみ。酒類、タバコ、一部商品は除く。
↑ニュースリリース

大日本印刷(DNP)は、正しい手洗いができているかどうかをAI(人工知能)が判定するシステム「手洗いAIサービス」=写真下=を開発した、と発表した。9月に提供を始める。AIによる画像解析技術を活用。洗面台に設置したカメラで利用者の手洗いを撮影し、マニュアルのうち行わなかったことなどをチェックして正しい手順を伝える。
↑ニュースリリース

スーツを中心にした衣料品チェーンを展開するはるやま商事は、冷却素材でドライな着け心地を実現する布マスク「COOLING MASK(クーリングマスク)」の予約販売を7月22日に自社のオンラインショップで始めた、と発表した。7月28日から順次発送する。洗って繰り返し使用できる布マスクで、蒸れにくく涼しく快適だという。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

アウトドアウエアブランド「コロンビア」を展開するコロンビアスポーツウェアジャパンは、汗を利用して冷却効果を発揮する独自技術「オムニフリーズゼロ」を搭載したネックガード2種類を7月23日に発売する、と発表した。首元の紫外線対策に加え、口元を覆うことで飛まつ防止にも役立ち、フェースガードとして使える。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る