[ニュースサマリー]アイリスオーヤマがカーボンナノチューブの「ヒートウェア」/DCMが家庭菜園セットに「ミニなす」「えだまめ」など追加/二重の飛まつ対策が可能なマスクシールド/新しい会食マナー提案の手で持つ樹脂製マスク

アイリスオーヤマ(仙台市青葉区)は、カーボンナノチューブのヒーターを採用した軽量ですぐに暖まる「ヒートウェア」=写真=を12月15日から順次発売する、と発表した。インナーベストの男性用、女性用と、アウトドアベストを展開。薄くて軽いため日常生活で使用しやすい。モバイルバッテリーで給電が可能。参考価格は1万4800円。
↑ニュースリリース

ホームセンター大手のDCMホールディングスは、水だけで始められる家庭菜園・ガーデニングセット「DCMブランド超!かんたん らくらく栽培セット」に「ミニなす」「えだまめ」「ミニパプリカ」「マリーゴールド」を追加し、12月11日に全国のグループ店舗で発売する、と発表した。598円(税別)。同セットは10種類になった。
↑ニュースリリース

アイデア商品開発・販売のヴェリー(大阪府東大阪市)は、マスクに重ねることで二重の飛まつ対策を可能にするマスクシールド「遮断くん」の販売を始めた、と発表した。通気性を重視したマスクに不安があったり、顔全体を覆うフェースシールドに違和感を感じたりする層をターゲットに、気軽に使えるシールドとして開発した。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

ベビーカー・電動車いす・フェースシールドなどを製造・販売するキュリオ(岐阜市)は、手で持って使う樹脂製マスク「CCコーン」を開発し、販売を始めた、と発表した。会食時に口元に当てて会話をすることで飛まつが防げる。新しい会食マナーとして提案。飲食店の来店者への提供や飲食を伴うイベントでの利用を見込む。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る