ホテルチェーン運営の東横イン(東京都大田区)は、ホテル宿泊時に睡眠解析ができる「睡眠検査付き宿泊プラン」を始める、と発表した。「東横INN新横浜駅前新館」(横浜市港北区)で実施し、販売を始めた。出張や旅行の時に解析が気軽に可能。宿泊料金に加えて3500円(税込み)と4300円(同)の2種類の検査プランを用意した。

睡眠時無呼吸症候群をはじめ、睡眠呼吸障害が注目されているうえ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って睡眠の不調を訴える人が増えていることから展開する。データの解析は同区のクリックが行う。3500円の「睡眠検査」はパルスオキシメーター=写真上=で酸素飽和度と脈拍数を測定し、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるか調べる。

4300円のプランは「睡眠検査α」と呼ぶ。睡眠検査に睡眠問診を加え、回答内容に基づいて1人1人の睡眠分析レポート=写真下(例)=を作成。自らの睡眠の問題点を知ることができ、総合的な評価が分かる。東横インのウェブサイトなどで東横INN新横浜駅前新館の客室を予約し、同ホテルに電話をして睡眠検査付き宿泊プランの利用を伝える。

東横イン

睡眠検査付き宿泊プラン

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]忍者がモチーフのスカーフ一体型マスク、好みに応じてアレンジ可能

  2. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る