文具・事務用品大手のプラスは、「抗菌クリアーホルダー」=写真上=を2月25日に発売する、と発表した。厚さ0.2mmのポリプロピレン(PP)シートに抗菌剤(銀イオン)を配合し、ホルダーの内側も外側も抗菌仕様にした。書類の回覧、資料の手渡しや郵送に適している。オフィス、病院・介護施設、飲食店などさまざまな場で利用できる。

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、衛生面への配慮が求められていることから販売する。クリアホルダーは書類の保管に加え、回覧、手渡し、送付など人と共有する資料を入れるファイルとして使われることが多いため、抗菌使用だと安心して活用できる。汚れが気になる場合はアルコール消毒液で拭き取って清潔に保てる。

抗菌仕様だと分かるように「抗菌」のマークを本体に印字=写真下。手にした際に安心感がある。さらに、ホルダーの四隅を丸くすることで、手渡す際に手に優しく触れても痛くないようにした。A4規格で縦310mm、横220mm。10枚入りで展開する。品番は「FL-001AB-10P」。文具店、量販店、専門店、インターネット通販などで取り扱う。

プラス

抗菌クリアーホルダー

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]忍者がモチーフのスカーフ一体型マスク、好みに応じてアレンジ可能

  2. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る