[ニュースセレクト]「虫の日」に合わせて昆虫食の魅力アピール、東京の居酒屋で5種が楽しめるコース

外食サービスの宮下企画は、昆虫を食料として推奨し、東京都内で運営する居酒屋「米とサーカス」=写真=の2店舗で5種類の昆虫が楽しめるメニュー「虫コース」と、オオスズメバチを使う酒飲料「スズメバチハニーレモンサワー」を新たに始める、と発表した、6月4日の「虫の日」に合わせて昆虫食の魅力をアピールする。

昆虫は栄養価が高く環境負荷が抑えられるため、世界的な人口増加による食糧難の切り札として注目されている。高たんぱく質なうえ必須アミノ酸や鉄分が豊富で、100gあたりのたんぱく質、ビタミン、ミネラル含有量は肉や魚より多いという。さらに牛肉1kgの生産に8kgの飼料が必要なのに対して昆虫は2kgですむ。

高田馬場本店(新宿区高田馬場)と錦糸町ダービー通り店(墨田区江東橋)で提供。5種の虫はタガメ、イナゴ、ハチノコ、ゲンゴロウ、オケラ。コオロギなどの追加虫も用意した。熊や鹿が素材の料理もコースに含まれる。オオスズメバチの蜂蜜レモンサワーは焼酎ベースのスズメバチ酒にレモンを入れてソーダを注ぐ。

宮下企画

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る