[ニュースサマリー]葬儀・納骨・死後事務を生前に一括契約/飲食店で外国人と働くとメリット/森林再生に貢献するZippoライター/紙製ストローで飲食チェーンと連携

終活関連サービスの鎌倉新書は、葬儀、納骨、死後事務が生前に一括契約できるプラン「いい生前契約」の提供を始めた、と発表した。死後の手続きを託す人がいない層を対象にする。生前に契約することで、死亡時に周囲に迷惑をかけることがなくなり、身寄りがない人が安心して老後・最期を迎えられるように支援する。

↑ニュースリリース

飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM」を展開するシンクロ・フードは、サイト利用者に「外国人スタッフとの勤務」に関するアンケートを実施し、結果を発表した。スタッフの9割が外国人とともに働いた経験があり、うち8割がメリットを感じていた。外国人の雇用が多い業態はバー、居酒屋・ダイニングバー。

↑ニュースリリース

ライター大手の米国Zippo Manufacturing Company(ジッポー)は、世界の森林再生に貢献するZippoライターのコレクションを発売した、と発表した。ライター1点の販売ごとに1本を植樹して森林保護を後押しする。製品には個別の証明書と固有のコードが付き、Zippoライターの購入で植樹された木の位置を知ることができる。

↑ニュースリリース

日本製紙は、環境配慮型製品として販売を始めた紙製ストローで飲食店チェーンを展開するゼットンと連携する、と発表した。ゼットンは、運営する複数の店舗で紙製ストローを使用。実証店舗として使用感についてアンケートを行ったうえで全店への導入を検討する。日本製紙の紙製ストローの飲食業界での採用は初めてとなる。

↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る