[ニュースサマリー]ホテルや観光施設向け対話型翻訳機/“駅ナカ”シェアオフィス開始/1つでメガネとサングラス/獣医師と開発したグレインフリーのドッグフード/座れるトートバッグ/「カラオケ館」で手荷物一次預かり

キングジムは、ホテルや観光施設などの窓口用対話型翻訳機「ワールドスピークHYK100」=写真=を7月19日に発売する、と発表した、72言語に対応する。対話しながら使う2台1組の据え置き型。会話ボタンを押して話すと、翻訳結果がペアリングしたもう1台に瞬時にテキスト表示され、音声で読み上げられる。14万8000円(税別)。

↑ニュースリリース

JR東日本は、“駅ナカ”のシェアオフィス事業「STATION WORK」を本格的に始める、と発表した。ブース型のシェアオフィスを8月1日から東京、新宿、池袋、立川駅で展開する。当面はキャンペーン料金として1人用ブースを15分150円(税別)で提供する。今秋には、東京駅にコワーキング型「STATION DESK」1号店も開業する。

↑ニュースリリース

メガネ・補聴器販売の愛眼は、1つでメガネとサングラスになる製品「Classic Vibes(クラシックバイブス)CV-201MG/202MG/203MG」を全国の「メガネのアイガン」店舗で7月5日発売する、と発表した。メガネの上からマグネット式のプレートを重ねるとサングラスになり、ワンタッチで着脱できる。レンズ付き9800円(税別)。

↑ニュースリリース

ペットフード企画販売のオネストフードは、日本で初めて獣医師と共同開発した国産・無添加のドッグフード「レガリエ」をオンラインストア限定で7月3日に販売を始めた、と発表した。食材は人が食べられる品質という。主原料に生肉を使用し、タンパク質が豊富。良質な芋類や豆類を使ってグレイン(穀物)フリーにした。

↑ニュースリリース

動画ショッピングサイトを運営するDISCOVER(ディスカバー)は、座れるトートバッグ「Seatbag(シートバッグ)」の販売を同サイト「DISCOVER」で7月3日に始めた、と発表した。バッグと椅子の両方の機能があるトートバッグで、旅行、アウトドア、コンサートなどさまざまなシーンで利用可能。ショルダーバッグにもなる。

↑ニュースリリース

カラオケ事業のB&Vは、同社が運営するカラオケ店「カラオケ館」の主要都市31店舗で手荷物の一次預かりサービスを7月5日に始める、と発表した。運送事業のポーターエクスプレスと組んで実施する。カラオケ館の駅前立地を生かした新サービスとなる。事前の予約は不要。その場ですぐ預けられるようにして利便性を高めた。

↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る