[ニュースサマリー]工事不要の食器洗浄乾燥機/焦げつきにくさ向上のフライパン/日陰で咲く球根/スマートフォン決済はおカネの管理容易/手書きメッセージが浮き出る線香/カップ麺「ヴィーガンヌードル」

総合通販事業のディノス・セシールは、取り付け工事が不要の食器洗浄乾燥機=写真=を発売した、と発表した。コンセントを差して食器をセットし、背面の給水タンクに水を入れてスイッチを押すだけで稼働する。幅42cm、奥行き43.5cm、高さ43.5cmとコンパクトな設計。洗浄から乾燥まで最短39分ですむ。価格は4万5800円(税別)。

↑ニュースリリース

京セラは、焦げつきにくさと熱伝導の良さが特長の「セラブリッド フライパン」をリニューアルして8月20日に販売を始めた、と発表した。セラミック塗膜加工の材料を改良することで、焦げつきにくさを30%向上させた。調理面が白く、皿にのせた際の仕上がりをイメージして調理できる。サイズによって3800~5500円(税別)。

↑ニュースリリース

ホームセンター大手のDCMホールディングスは、日陰でもガーデニングが楽しめる「DCMブランド日陰で咲く球根シリーズ」を全国のグループ店舗で8月30日に発売する、と発表した。一般的な球根より大きく、冬に栄養を十分蓄えられるため、少ない日光でも花を咲かせる。チューリップ、ヒヤシンス、スイセンをなどを展開する。

↑ニュースリリース

マーケティングリサーチのアスマークは、スマートフォン決済に関する意識調査(7月19~21日)の結果を発表した。現在利用していて頻度が月1回以上の男女が対象。生活の変化で「便利」「お得」に続いて「残高意識の高まり」が挙げられた。家計簿をつけなくてもスマートフォンでおカネが管理できることも利点になっている。

↑ニュースリリース

線香・ろうそく企画開発の丸叶むらたは、火をつけると手書きのメッセージが浮き出る線香「ないしょのおはなし」を9月2日に発売する、と発表した。専用ペンでメッセージを書いてしばらくすると消え、火をつけると灰が残って文字が浮かび上がる。仏壇で先祖と会話をするように使えるほか、サプライズのプレゼントになる。

↑ニュースリリース

「ニュータッチ」ブランドで即席麺事業を行うヤマダイは、動物由来の食品を口にしないビーガン(完全菜食主義者)向けカップ麺「ヴィーガンヌードル担担麺」と「ヴィーガンヌードル酸辣湯麺」を9月9日に発売する、と発表した。麺、スープ、具材の全てで動物性食材を使用しないうえ、化学調味料、アルコールも使わない。

↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る