[ニュースセレクト]冷蔵庫内の野菜や果物の鮮度を長持ちさせる卵型の腐敗ガス吸着材

日用雑貨・家電製品卸売業のドウシシャは、冷蔵庫内の野菜や果物の鮮度を長持ちさせる卵型のエチレンガス吸着材「鮮度保持エッグ」=写真=を発売した、と発表した。多くの野菜・果物が排出する腐敗ガスを吸着・分解する触媒が入っている。冷蔵庫に入れて自然に溶け込む卵のデザインにした。常温でも密閉した容器で使える。

鮮度保持エッグは「家庭にも環境にもやさしく」をコンセプトに立ち上げた新しいブランド「+green(アンドグリーン)」の製品となる。冷蔵庫の野菜室に入れるだけで鮮度を長期間維持する。+greenは、製品を通して誰でも容易にできる環境配慮を目指し、食べられるのに捨てられてしまう「フードロス」の削減につなげる。

野菜・果実の老化を促すエチレンガスの吸着・分解で鮮度を長持ちさせ、家庭内のフードロスを減らす。卵型の容器には紙を40%配合した。自然な風合いがあるうえ、燃焼時に一般のプラスチックと比べて温室効果ガスの排出量を低減する。直径50mm、高さ67mm。3、4ヵ月で交換する。1個598円(税別)、2個入り1280円(同)。

ドウシシャ

+green

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る