[ニュースセレクト]「京急ミュージアム」1月オープン、昭和の車両やジオラマなど設置

京浜急行(京急)電鉄は、京急グループ本社(横浜・みなとみらい21地区)の1階に企業ミュージアム「京急ミュージアム」=写真左(内部イメージ)=を2020年1月21日に開設する、と発表した。「『本物』を見て、触れて、楽しむ」をコンセプトにする。昭和初期から活躍した車両=写真右=や沿線風景の巨大ジオラマ、実写映像の運転シミュレーターなどを設ける。

創立120周年事業の一環として開館し、さまざまな展示や体験を通じて京急グループの魅力を感じてもらえる施設を目指す。約200m2の敷地面積がある。併設するイベントホールを含めると約400m2になる。展示する車両は、約2年かけて修繕作業をした「デハ230形・デハ236号」。車内は京急の歴史を紹介するコーナーにする。

デハ236号は昭和4(1929)年製造。品川~横浜~浦賀の直通運転を実現した歴史的な車両で昭和53(1978)年に引退した。ジオラマは長さ約12mのサイズ。沿線風景に京急グループ各社の施設や取り組みを合わせた。運転シミュレーターは「新1000形」の実物運転台となる。開館時間は午前10時~午後5時。火曜休館。入館は無料。

京浜急行電鉄

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る