[ニュースセレクト]歩数と速歩きの時間を基に歩行活動をバーグラフで評価する「万歩計」

歩数計メーカーで「万歩計」の登録商標を持つ山佐時計計器(東京都世田谷区)は、歩数と速歩きの時間を基に歩行活動をバーグラフで評価する歩数計「万歩計 アクティブ万歩 TH-300」=写真=を12月18日に発売する、と発表した。目標達成ゾーンに到達するように歩く習慣をつけることで、健康づくりや病気予防に効果があるという。

歩数と速歩き時間から歩行活動のスコアを100点満点のグラフで示す。総歩数、速歩き歩数、速歩き時間、歩行距離、消費カロリー、時刻、カレンダーを表示。過去30日のデータを保存し、平均値が分かる。速歩きのレベルは年齢や体力に応じて設定できる。3D加速度センサーによって、ポケットやかばんの中でも計測が可能。

幅75mm、高さ33.5mm、厚さ10.8mm、重さは23.5g。電池は「CR2032」1個。病気予防に有効なウオーキング法を科学的に明らかにした東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利博士が監修した。博士は認知症、糖尿病、うつ病などの予防には1日の平均歩数が8000歩、その中に速歩きを20分行うことが有効的だと導き出した。

山佐時計計器

万歩計 アクティブ万歩 TH-300

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る