[ニュースサマリー]小型パスポートスキャナー/手が汚れにくいキューブ型スナック/明智光秀が質問に答えるウェブAI/タクシーは急いでいる時に利用/暗くなると自動点灯する掛け時計/大型ネズミのヌートリア料理フェア

パソコン周辺機器のサンワサプライ(岡山市北区)は、操作不要でパスポートを自動スキャンし、接続したパソコンにデータを保存する小型パスポートスキャナー「PSC-14UP」=写真上=を発売した、と発表した。運転免許証や保険証にも対応。情報を操作したりパスワードで管理したりするソフトも付属する。AC電源不要。14万円(税別)。
↑ニュースリリース

スナック菓子の湖池屋は、手が汚れにくい一口サイズのキューブ型スナック「HASHED POTATO」=写真下=を東京都と埼玉、千葉、神奈川県の「セブン-イレブン」で12月25日に先行発売した、と発表した。オフィスのデスクでパソコンを操作しながら食べられるように粉や油が手に付きにくく工夫した。うす塩味とコンソメを展開する。
↑ニュースリリース

戦国時代に織田信長を討った武将、明智光秀の子孫とされる人を中心に構成する一般社団法人明智継承会は、本能寺の変などについて光秀が自ら質問に答えるウェブAI(人工知能)サービス「みつひでAI」を公開した、と発表した。約540通りの会話に対応する。明智家の歴史・伝承を整理し、AIで保存・継承することが狙い。
↑ニュースリリース

広告代理店の大成広告社(東京都中央区)は、タクシー利用に関する実態調査(12月18、19日、回答・関東在住113人)の結果を発表した。利用状況(複数回答)は目的地まで急いでいる(58.4%)、荷物を持っている(46.0%)、天気が悪い(38.1%)の順。運転手と会話することがあるかでは、32.7%が毎回、47.8%が時々、と答えた。
↑ニュースリリース

セイコーホールディングス傘下で置き時計・掛け時計・目覚まし時計製造販売のセイコークロックは、室内が暗くなると自動的に文字盤のライトが点灯する掛け時計を2020年1月24日から販売する、と発表した。寝室など暗い中での時刻確認に役立つ。光色や照度は好みに応じて選べる。光色選択機能は同社で初めてとなる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

ジビエ(狩猟による野生鳥獣の食肉)飲食店を展開する亜細亜TokyoWorld(東京都新宿区)は、2020年のえと、ネズミにちなみ、大型ネズミのヌートリアを食材に使用した料理のフェアを1月2~31日に東京都内の4店舗で開催する、と発表した。ヌードル、鍋、塩焼き、唐揚げなど7品を用意する。メニューは店によって異なる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る